諸行無常

小泉内閣メールマガジンが第250号にて五年間の幕を閉じた。
ある意味で感慨深い。

いまやスパムの横行でメールマガジン文化は瀕死の状態

ひと昔前はコミュニケーションツールの花形だった。

小泉首相がマガジンと歩んだこの五年で
その文化は育ち花開き、やがて衰え悲しき終焉を迎えた。

さながらひとの生涯のように。。。

現代に目をやると
今はブログとSNSをはじめとする文化が花盛りだが

諸行無常

そのときに最高のツール、最高の文化と思えたものも
一年後二年後にはどんどん陳腐化してしまうだろう。

次になにがくるのか、いまが無駄になるのか

そのような期待も不安もふきとばして
最後まで残るのは「不変なるもの」

最後にはページでの情報発信の
文化を地道にまもっている人こそ

いつの時勢にも、したたかに
そして力強く生き残る人だと想像するが
如何だろうか


さてこのブログも
いつまで続けるやら・・・

お茶を一杯
[PR]
# by ec-10 | 2006-09-25 08:10 | EC徒然傘

チューニング

忘れもしない大学1年の頃
世界的名曲「ホテルカリフォルニア」がリリースされた。

しかしそのライナーノーツの低俗さは今でも覚えてる。

「タイトル曲、この素晴らしさは、まずは冒頭12弦ギターのチューニングが
あっていること・・・」(実際の記述は違うけど、ニュアンスはほぼこの通り)

これを呼んだ瞬間、私の中で評論家という人のステイタスが音をたて
崩れ去ったのをおぼえている。プロたるもの、チューニングはあっていて
あたりまえ。よもや、それがアルバム賛辞の言葉になるとは思えなかった。

四半世紀たった現在。

やはり、チューニングのあってない論評も多い。情報発信の洪水の中
われわれに求められるのは、その全ての情報を鵜呑みにせず、しかと
自分のフィルターで本質を見極めることだと思う。

現状の怒涛のようなweb2.0の波はネット先進国からの輸入であろうが
そこで我々は立ち止まり、もういちど自分のスタンスですべての情報を
咀嚼せねばなるまい。
[PR]
# by ec-10 | 2006-09-05 00:45 | EC徒然傘

ウェブ・フォーレバー

某ショップ団体のMLで、HTMLメールをめぐって集中砲火を浴びたことがある。
私はそんなものは邪道、と投稿する傍ら嫌がらせの電話・メールまで
舞い込む始末には閉口した。同胞なのに、なんて恥ずかしい手口・・・

けども自分の論じたことには悔いはなかったし、
事実、予想どおり、非常に短期間でHTMLメールの天下は終焉した。
まるで明智三日天下のごとく・・・

ときは移り、いまはウェブ2.0や3.0だと皆がいうが
これにも私は心動かさない。

やがて手段はどんどん変遷をみせても、核心のみ残る。
ブログの急速増幅は、やがて逆にブログそのものの価値を引き下げると予測する。
そもそもロングテールなどとは、10年前から暗黙に実践してきた道で
なにも目新しくもなにもない。ただ言葉が発生しただけだ。
さらにWikipediaは万人が編集できるゆえ、致命的な間違いも含んで
著しく信憑性にかける一面もある。情報の質がさらに問われているのだ。

いまのトレンドを逃しても、やがてくるウェイブに乗り遅れても
ビジネスの本質をもっていれば、なにも揺るぐことはない。

私のスタンスと視野は2.0も3.0も既に凌駕し、どんなバージョンにも適用する。
だから私のバージョンは、ウェブ・フォーレバーだ。

さぁライバルたちよ、かかってらっしゃい!
[PR]
# by ec-10 | 2006-08-14 22:41 | EC徒然傘

レビュー社会の果て

先日とある映画を娘と鑑賞し
素直に感激をし、娘とも会話がはずんだ。
個人的には★いつつの映画であった。

しかしネット上はその映画の酷評で溢れかえっていた。
これらを先に読み漁って、先入観をもっていたら、
あのように素直に感激できただろうか。できたとしても、
どこかに感激に向かうちからの抑止がかかったはずだ。

どうも「負」の連鎖がおこっているようだ

あおる誰かがいて
その人は論評にも長けていて

だから、一般の人がそのレビューが参考になったとして
更に酷評を続ける

いわいる

ネットに情報が氾濫している
誰でも情報や意見を発信できる

ことの弊害だと

そもそもインターネットの革新とは、マイノリティー(少数・微数)が
それぞれの価値を見出し、的確な住処を見出すことにあったはずだ。

ところが氾濫するレビューというのは
ショップでもシネマでも、マジョリティー(多数)の論理に陥っている。

多数の方が思う方向に、その品やサービスや映画の評価が
くだされようとしているが、これは甚だ誤った方向性である。

情報が氾濫する世の中になればなるほど
たとえ酷評が氾濫しようとも、それには惑わされず

「負」の連鎖を断ち切って
自分にとって価値のあるもの
輝きのあるものを見失わないことが

とても大切な社会になってきたのだろう。切におもう。
[PR]
# by ec-10 | 2006-07-31 15:59 | EC徒然傘

無形のバイオレンス~音、薫り、言葉

法には触れないが、あきらかに「暴力」として存在するものがある。

まずは『音』

およそBGMというのは会話が途切れた時にふと聴こえるぐらいの
音量であればこそ真価を発揮するものだが、むかし千房という
お好み焼き店に入ったときに、鼓膜をつんざくような音量でBGM
がかかっていた時がある。美味しい味すべてが、聴覚への暴力で
消されてしまったことはいうまでもない・。

BGMとは心を和ませ癒し、会話の潤滑油であるべきもの。
決して店主の一方的な思い込みだけで音量という暴力と用いて
お客様に刷り込むものではない。

次に『薫り』

先日、新幹線のグリーン車で通路を隔てた窓席で、表現できないよう
な強い薫りを漂わせるご婦人に遭遇した。幼児が戯れに大きな声を
出すのは、親を経験したもの・・あるレベルまでは耐えることができる。

しかし、この女性の過剰香水というものだけは耐え難い。

法律でこれを裁くことはできないものの、これは明らかな暴力。
新幹線こそ最良の書斎と心得ている私が、なりふりかまわず
車両をかわったことはいうまでもない。


そして『言葉』

先日のジダン選手。示談にすれば良かったと洒落を語る場合ではない。
実際の暴力をふるう行為は許されないけども、最後の最後の花道で
あのフィナーレを選ぶことは、誰も予想できず、また本人も予測できず、
そして望まない道であったに違いない。


それをそこまでさせたのは・・

おそらく移民ゆえ様々なコンプレックスや負い目があった人生であることは
想像に難くない。それをバネに、それを肥しに、信念を貫き道を築いたから
こそ今がある。よって、今がある根源は、彼のコンプレックスに回帰する。

おそらく、誰も触れてはいけない、心の琴線に触れるような言葉のやり取り
があったと拝察する。だから言葉もまた立派な暴力。


身近なメールでも小さな暴力は存在する。

お客様から頂戴するメールで、時折
「お願いします!!!」と!マークを乱発されるときがある。

!マークがなければ、単なるご依頼事項として粛々と進めることが
できるのであるが、たぶんお客様に他意はないにしても
!!!とやられると、強制をされているようで、大変なプレッシャー
と一種の不快感を感じてしまうことは確かだ。


省みて、自らは言葉の暴力を行使してはいないのか。

無意識に使っているかも知れない。今日からはまた
言葉の旅がはじまる。

それがウェブマスターの使命だ。


★和ちゃん
[PR]
# by ec-10 | 2006-07-23 01:25 | EC徒然傘

野性

人間としての尊厳を
それ以外の生き物と比べる言葉である。

野性と知性、野性と理性、野性と人間性

動物達が劣っているということではない
生命体の中で唯一「負け」が許されるのが
人間であることを語りたいのだ。

人以外では「負け」はすなはち「死」を意味する。

だから野性に目覚めるとは、本能的に闘いを
求める方向に向くのだと思う。

しかし人では「負け」は経験につながり
余計に人としての価値を高めてくれる

今、勝つためには手段を選ばないような
どうも野性に先祖がえりした野蛮な人々が少なくない。
嘆かわしい。

私は人類だけに許された権利「負ける」を
じっくり楽しみたいと思う。

それが次なるステージでの「勝利」を呼ぶ。
これが私の「商人」としての野性だ。
[PR]
# by ec-10 | 2006-07-16 00:00 | EC徒然傘

逆も真なり~チャンスはピンチ?!

あきらめるな!ピンチはチャンス!
先日も高校生たちの前で熱く語ったところ
多くの共感をえた。これは間違いない真実

ところがその逆も真なり
チャンスはピンチ?!

人というのは思いがけないチャンスを得たとき
チャンスの本質を見失ったばかりに
逆に衰退することがある。

ほからなぬ私がそうだった
大手百貨店から三顧の礼で出店の要請があり
(私の知り限り)史上最高の好条件での交渉が成立し
そこに看板を掲げたとき。これで老舗の再興なったと
勘違いした。

果たして、多くのものを失っていくことも知らずに・・・

遺憾ながら今の傘職人界全体がこれに陥りつつある
ブームに乗じて来る商談を選ばず拒まず、それが
実力であると勘違いしているふしがある。

なぜお客様が自分達の傘を選んでくださるのか?

大量画一的生産・低価格と一線を画するため
最高に差別化されたオンリーワンを提供するんだと
ひたむきで純粋な思いで語った日々を思い出したい


提唱・提言をするが
この業界にはっきりいって
大規模通販は参入すべきでないと感じる。
いえ参入されても「ものづくり」をもっと理解して
参入されるべきであると警鐘する

彼らや職人は「ものが多数動いて儲かればいいじゃないか」
というかもしれないが、それではM上氏とおなじ
『儲けてなにが悪い』と同じ低次元の発想であり
やがては短命で身を滅ぼす主因にもなりえる。

チャンスが到来したときこそ、人は謙虚になるべきだ。
そして真髄を見る目を忘れず、最適な身の丈を守りぬく
賢明なるスタンスを貫くべきだ。

さすれば、そのチャンスは永遠のチャンスになるうる。

逆にチャンスに溺れチャンスに酔いしれたものは
酔いがさめたときに膨大な代償をはらって
自らのいのちを縮めたことに気がつくだろう

目覚めよ、職人たち

いまこそ本当の闘いのときだ。
自分達の「ものづくり」の原点にいまこそ戻ろう

でないと、日本の傘創りの明日はない
[PR]
# by ec-10 | 2006-06-27 23:38 | EC徒然傘

消費と蓄積

梅雨時は傘の話題が旬。沢山のメディアの方とおつきあいをする中で毎年おもうこと。
これだけ英知も情熱もある方々が交通費も手間隙もかけて築いた優良コンテンツが、
TVでは放映直後から、新聞では当日限り、雑誌では次号発刊までで消え去り、
短かい命であることが、まことに惜しく思う。既存メディアの宿命ともいえよう。

インターネットでの情報発信は「蓄積」であることが決定的に違う。

ひとつのコンテンツが充実した内容をもてばもつほど、それは永遠の命を有し
しかも誰でも閲覧することのできるライブラリー、いわば全人類共有の
膨大な百科事典を形成しているのだ。

将来TVが画期的に変革を遂げるとするなら、たとえば
お気に入りの俳優を打ち込むだけで、自動的に出演する番組を収集したり、
ご贔屓の選手が活躍したところを望めば、画像をサーチして閲覧できたり、
悩める持病に関する関連番組を望めば、数年に遡って探してくれたりと

そんなことができはじめたら凄い。

方や「蓄積」型のネット文化にある最大の問題は「信憑性」だ。

誰しも情報発信できる、しかも活字となるので巧みな文章を綴ることが
できれば、あたかも真実・真理のように思えてしまうが、そこが問題。

たとえば商品に関する専門コラムでも、あきらかに間違いである情報が
更に誰かのサイトに引用されてみるみる伝染していくことが少なくない。

だからこそ、もしこんなこともできはじめたら凄い。

全人間・全有識者によるサーチエンジン。つまり信憑性の高い、質の高い
情報発信をしているサイト・コンテンツを上位表示させていくのだ。その価値
が認められれば、ギネスブックのように権威ある機構として認知され、
ひょっとしたらみるみるGoogleを抜きさってしまうかもしれない・・・

私は生来の雨男、こんな湿度の高い夜のほうが
発想豊かでたくましい

御免

★傘屋の和ちゃん
[PR]
# by ec-10 | 2006-05-31 23:41 | EC徒然傘

身から出たさび

楽天市場で出店者すべてに警告が出ている。
その内容はこのようなものだ。

「お買い物レビュー等における不正行為について 」

店舗関係者によるレビュー書込み等の不正行為で、
お客様の信頼を損ね、不信感や混乱を与えるおそれがあります。
また、不当表示として違法となるおそれもありますので、
今後このような不正行為、不正利用が発覚した場合、契約解除と
いった厳しい対応をとらせていただくこととなります

これは・・以前にコラムに記したように
まるで予想された結末である。

なぜなら買い物をしたこともない人にレビューを許可し
(なにがレビューなのか意味をなさない)
しかもレビューの多い順に表示をするようにしたのは
楽天側の方針であった。その時点で充分すぎるほど
こういった不正行為は予測できたはずだ。

出店者に啓蒙するのであれば、まず楽天側が意識をかえねば
ならないだろう。

レビューというのは、文字どおり、それを手にした人が
忌憚のない声を投稿するもの。

まずは買い物経験のない方のレビューを廃止し、
次に単にレビューの数での序列表示を避ける方針をとるべきである。

身から出たさび

自分達で打ち出した方針により自分達が追い込まれ
信頼失墜に及ぶようでは、それはおよそ
賢い方策とはいえまい。

店舗側へコーションを与えるなら、その原因となった
楽天側の方針への猛省を促したい。
[PR]
# by ec-10 | 2006-05-07 23:56 | EC徒然傘

エコ包装

いま当店で静かなブームになりつつあるのが「エコ包装」
実にギフトの半数を超える勢いで急上昇中

もともと発送セクションの事情で、なんとか簡易包装ですます
ことができれば、より処理件数を増やせるのにという、作業
サイドでの都合で試験的にご提案をしたものだったが、これが
あたった!

考えれば、見せかけの華美な包装を画像で競い合ったのは
ひと昔前の潮流だったのかも知れない。

どんな心をこめた包装でも、箱もリボンもシールも梱包材も
とどいた瞬間以降はゴミ以外のなにものでもない。つまり
環境問題が叫ばれる21世紀の時流に適合したのかも知れない。

贈るほうも贈られるほうも梱包するほうも三方良し

もっともっとネットショップで「エコ包装」と「箱入れ包装」の
選択肢が根付けばよいとおもうこの頃である。
[PR]
# by ec-10 | 2006-05-05 18:56 | EC徒然傘